特定健診・特定保健指導

 わが国の増え続ける医療費の抑制対策として、平成20年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」にもとづいた“特定健診・特定保健指導”の実施が健康保険組合などに義務づけられました。
“特定健診・特定保健指導”は糖尿病や高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的としており、特定健診ではメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した検査を行います。
健保組合では40歳〜74歳の被扶養者及び任意継続被保険者・被扶養者全員(※)に受診券を発行し、日頃受診の機会の少ない方々にも健康診断を受けていただき、生活習慣病の予防・早期発見をしていただけるよう取り組んでまいります。

※妊娠〜産後1年の方、長期入院の方、外国に居住されている方、老人介護福祉施設等に入所されている方等は対象外です。該当される場合は健保組合までお知らせください。

受診方法

◆40〜74歳の一般被保険者

会社で行う定期健診に特定健診項目は含まれています。なお、「高齢者の医療の確保に関する法律」にもとづいて特定健診結果は会社から健保組合へ報告されます。

◆40〜74歳の被扶養者、任意継続の被保険者・被扶養者

健保組合より特定健診の受診案内(『案内状』・『受診券』・『契約医療機関リスト』等)を事業所経由または直接ご自宅にお送りします。(4月下旬発送予定)

  1. 『契約医療機関リスト』からお近くの健診機関を探し、直接予約をしてください。
    都道府県単位での契約医療機関はこちらから
  2. 受診当日は必ず『受診券』『保険証』をご持参ください。なお、受診費用は健診費用の2割です。
  3. 健診結果の通知は受診された健診機関からご本人に送られます。
  4. 健保組合は医療機関から届いた健診結果を元に情報提供・保健指導のご案内をご家族にお送りします。
実施内容

◆特定健診

特定健診 必須 問診表・身長・体重・BMI・腹囲・診察・血圧・尿検査(糖・蛋白)血液検査(GOT・GPT・γ-GTP・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・空腹時血糖またはHbA1c)
詳細 貧血検査・心電図・眼底検査・腎機能(一定の基準のもと、医師が必要と認めた場合に実施)

◆特定保健指導

健診結果をもとに対象者の方はリスクに応じてご案内します。
特定保健指導についてはこちらから
おねがい
パート先などで特定健診を受けられた場合
被扶養者や任意継続者の方でパート先などで特定健診を受けた場合は、健診結果を健保組合にお送りくださるようご協力お願いします。(健保組合は特定健診・特定保健指導の推進とデータの保管をおこなう義務があります。)