利用者の負担は1割です

サービスを利用した場合、かかった費用の1割を利用者が負担します。
ただし、介護 サービス計画(ケアプラン)の作成に関しては、全額保険より給付されます。
  • 1割負担が一定額を超えた場合、超えた分が払い戻しされます。
  • 施設入所の場合の食費・居住費(デイサービスの食費、ショートステイの滞在費を含む)は利用者が負担します。
  • 所得の低い方は一般より1割負担の一定額を低く設定したり、施設入所の食費の負担を引き下げるなどの減額措置があります。(特定入所者介護サービス費)
  • 利用者負担の額が一定の基準を超えて高額になった場合には、「高額介護サービス費」「高額居宅支援サービス費」が支給されます。
  • サービスの費用が限度額を超えた分については、利用者が全額を負担します。
  • サービスの給付は、申請日以降に利用したサービスについて受けることができます。
  • 本人と家族の希望をとり入れ、認定結果に応じた介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。利用者が自分で作成することも可能です。