病気・けがをしたとき

被保険者、被扶養者ともに、健康保険を扱っている医療機関の窓口で保険証を提示し、医療費の一部を支払えば、治療や投薬などの医療を受けられます。医師から受け取った処方箋を保険薬局に持っていけば、調剤をしてもらえます。

療養の給付・家族療養費

 医療機関の窓口で次の一部負担金を支払えば、残りの医療費は健保組合が負担します。健保組合では、皆さまからお預かりした毎月の保険料を大切に管理・運用し、皆さま方の不測の事態に備えています。

医療費の窓口負担

一部負担割合
義務教育就学前・・・・・医療費の2割
義務教育就学後から70歳未満の人・・・・・医療費の3割
70歳以上74歳までの人・・・・・医療費の2割*(現役並みの所得がある人は3割)
*平成26年3月31日以前に70歳に達した人は軽減措置により1割

入院中の食事代

 入院中にかかる食事代は、1食につき460円を支払うことになっています(食事療養標準負担額)。低所得者・市区町村民税非課税者などの方には減額措置もあります。

高額療養費・付加金

 医療機関の窓口で支払った負担額が一定の額を超えた場合、超えた分はあとで健保組合から払い戻されますので、高額の医療費がかかった場合にも安心です。また、70歳未満の方は健保組合の発行する認定証があれば一定の額までの支払いで済みます。この制度を利用する場合は事前に申請してください。
限度額適用認定申請書
PDFファイル
[PDF]
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R)AcrobatReaderが必要です。お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。


さらに当健保組合では、一部負担還元金、家族療養費付加金、合算高額療養費付加金、などの付加金があります。
高額療養費と付加金の計算は健保組合が行い、自動的にお支払いしますので、皆さまの手続は必要ありません。

(参考)
同一世帯の中に介護保険サービスの利用者がおられる場合には、1年間の医療費自己負担額と介護サービス料自己負担額の合計が限度額を超えている場合に超えた額が払い戻される「高額介護合算制度」もあります。(要申請)